2010年02月26日

予算委分科会は欠席=集中審議出席の方針−自民(時事通信)

 衆院予算委員会は26日午前、2010年度予算案に関する分科会を続行した。自民党は、横路孝弘衆院議長の不信任決議案などの提出をきっかけに25日から国会審議に復帰したが、分科会の日程が審議拒否中に決まったこともあり、欠席した。
 衆院予算委は26日午後、一般質疑の後、鳩山由紀夫首相が出席して「社会保障」をテーマに集中審議を実施。自民党は、集中審議には出席する考えだ。 

【関連ニュース】
一括交付金化で地方補助金削減も=菅財務相
屋久島の米軍機訓練、許容できぬ=岡田外相
1次公認、来月3日以降に=民主
ハローワークは移管対象外=国の出先機関改革で

交番で「財布落とした」と偽る=570円詐欺未遂容疑で男逮捕−警視庁(時事通信)
北陸大教授の解雇無効=学部再編で授業廃止−金沢地裁(時事通信)
産後ケアの運動体験=都内を視察−鳩山首相(時事通信)
雑記帳 スピードの加藤選手の母校 センバツに初出場(毎日新聞)
八ッ場ダム工事に談合?国交相「調査したい」(読売新聞)
posted by ミノシマ シンジ at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敦賀原発1号機の40年超運転、地元が了承(読売新聞)

 3月14日で運転開始から40年を超える日本原子力発電敦賀原発1号機(福井県敦賀市、沸騰水型軽水炉)について、西川一誠・福井県知事と敦賀市の河瀬一治市長が21日、県庁で意見交換し、運転継続を了承することを決めた。

 22日にも原電に通告する。40年超運転に入る原発は国内では初めてとなる。

 1号機は1970年に運転を始めた国内最古の商業用軽水炉で、出力は35万7000キロ・ワット。

政策会議の在り方議論=平野官房長官(時事通信)
公用車談合で元課長ら処分 国交省(産経新聞)
小沢氏あて実弾? 入り封筒=郵便局で発見−東京・銀座(時事通信)
<雑記帳>「新潟おでん」売り出しに市民らが新組織発足(毎日新聞)
教師が生徒の父に手紙で「死ね」(スポーツ報知)
posted by ミノシマ シンジ at 05:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。